ミセスれいこの、お気に召すまま。

   lightworker の皆さん、8月は正念場です・・・総力を結集しましょう。

Entries

ディナーコースはステーキで。


こちらのホテル、2食付きプランが売りなのですが、
お料理の種類が豊富で選ぶのに迷いました。

コース料理もメインの異なるプランが複数ある
のですが、目に留まったのがアニバーサリープラン。

メインにステーキを選択できる上、スパークリング
ワインのボトルが1本と、ケーキか花束が付く。

好きな物がすべて付いているのが気に入って、
記念日ではないけどアニバーサリープランにした。

これで宿泊がセットになって3万円代ですからね。

ビジネスホテル恐るべし・・・コスパが良過ぎよ。

普通のフルコースは食べ慣れていますので、
たまにはガッツリ、ステーキ食べたいなと思って。

ボリュームもあるし、肉好きさんにオススメ(笑)

     


ビジネスホテルらしからぬレストランはデート向き。

DSC01146 (2)1


こちらはオーダーブッフェの前菜になります。

DSC01127 (2)1


コロナ対策で小皿に盛り合わせて提供される。

DSC01129 (2)1




ただ、ホールケーキか花束にするかは迷ってね。

ケーキもお花も大好きなので甲乙付け難いけど、
プランのデザートはブッフェなので悩みました。

前菜とデザートがブッフェでね、メインのみが
選べるプランだったけれど、ブッフェのスイーツで
お腹が満たされてしまうだろうと思ったんです。

そこで、ホールケーキはお持ち帰りに出来るか
確認をしてみたら、衛生上、その日のうちに
食べる必要があり、夕食後にお部屋に届けると。

お部屋でコーヒーを淹れてケーキを頂くのは
オツだと思ったけど、やっぱりブッフェでお腹が
一杯になるだろうと予測し、花束をオーダーした。

お花なら帰宅後も楽しめると思ったのですが、
お花の色合いまで好みで作って下さるというね。

これが予想以上に豪華な花束でご機嫌でした。



ボリュームあるステーキは付け合わせまで美味しい。

DSC01135 (2)1


スパークリングのフルボトルが付きます。

DSC01117 (2)1




さて、肝心のディナーですが、コロナ禍だけに
ブッフェではなくて、オーダー制に変わっていた。

前菜とデザートはメニューから好きなだけを
オーダーできるシステムになっていたのですが、
コロナ対策で急遽内容が変わったせいなのか、
スタッフの対応に不手際が目立ったんです。

前菜をオーダーする時は、好みのタイミングで
メインを注文なさって下さいと言われたのに、
前菜を食べ始めてすぐにステーキが届くという。

え、まだサラダにも手を付けてないんだけど?

せっかくのステーキが冷めたら台無しですから、
先にステーキをいただくハメになってしまった。

更に、コーヒーや紅茶がブッフェのカウンターに
用意されているという説明がなく、ブッフェの
終わる30分前になって、「ドリンク終了します」

”聞いてないよ” と慌てて取りに行く始末で、
こういう面ではやっぱりビジネスホテルかなと。




DSC01139 (2)1


オーダーブッフェのスイーツは間違えて頼み過ぎ(笑)

DSC01152 (2)1




でもね、そこは都心の一流ホテルの系列で、
お料理自体は概ね美味しかったと思うんですよ。

特にステーキと付け合わせのポテトが良かった。

スパークリングワインと豪華な花束も気に入って、
また同じプランで予約をするかもしれません。

ちなみに、朝食もブッフェがセットメニューに
変わってはいましたが、美味しかったと思うのよ。

お部屋も良かったし、シティホテルに近いかな。

この日の客層ですが、ディナータイムに窓際を
占めていたのはカップルばかりで驚いた(笑)

リーズナブルなお値段でディナー付きのせいか、
若い世代のカップルに人気があるみたいね。

うちの夫婦も気に入ったのでリピートしたいわ。



朝食のセットもメインの卵料理が美味しかった。

DSC01172 (2)1


思いのほか豪華なブーケでご機嫌(笑)
好みのピンク系でオーダー。

DSC01180 (3)1










関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会で会社経営者として
生きている lightworker。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
早くも5年目を迎え、公私
共多忙な日々を送っている。
幼い頃から彼氏のいた恋愛
マスター(笑)でもある。
合言葉は ”Dark to Light”

ご連絡は下記メールフォームで。





ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク